業務用に便利なiPadやWindowsタブレット

ビジネスパーソンに今、愛用されているのがタブレットです。

実用書位のサイズですので、鞄などに簡単に収納出来ます。携帯性に優れ、機器操作と文字入力は指タッチで進められますので、電車内やオフィスでも気軽に業務用として使えます。ビジネスパーソンに愛用されるタブレットには、およそ3つの種類があります。


アップル社が開発した独自OSがインストールされたiPad、iPadminiは特にビジネスパーソンの間で人気がある製品です。



iOSのユーザビリティは非常に高く、直感的な指タッチで数多くのアプリを操作出来ます。

世の中にリリースされたアプリの大半が使えるのもアップル社のタブレットの良い所です。


またiOSの特性上、ウイルスやスパイウェア、その他の危険なファイルが侵入しません。

そのため、業務用端末としてのセキュリティ力が最初から確保されており、情報流出やウイルス感染への耐性を持っています。

これだけは知っておきたいlivedoorニュースサイト利用者からとても評判です。

一方で業務用の端末として、マイクロソフトがリリースするWindowsがインストールされたタブレットも人気があります。

このサイトで業務用のタブレットについて分かりやすくまとめてあります。

Windowsのパソコンで作成したExcelデータやWordデータ、PDFファイル等がそのままタブレットにコピー出来ますので、変換や転送、クラウドにアップロードする手間は不要です。


既に会社内でWindowsが八割以上使われている場合などは、あえてアップル社の端末を買うのではなく、Windowsがインストールされた機器をストレートに導入した方が便利です。